初めての動画配信サービス

動画配信サービスとは?気になるメリットとデメリット

更新日:

動画配信サービスとは簡単に言うと「インターネット経由でパソコンやスマホで動画を見ることができるサービス」です。

有名なところでいえばhuluがその一つです。

高速回線(光回線など)が普及したこともあり、有料・無料合せるとかなりの数のサービスがあります。

 

動画配信サービスのメリット

わざわざレンタル店に行く必要がない

いままでテレビ番組で放送していない映画やアニメを見たい時は、レンタル店に行って借りるのが普通でした。

しかし動画配信サービスを利用すれば、わざわざレンタル店に足を運ぶ必要はありません。

もちろん延滞料もかかりませんし、家ですべてが完結します。

 

スマホやパソコンで映画やアニメを楽しめる

いままではレンタル店で借りていたDVDやブルーレイを、テレビ(パソコン)でしか見ることができませんでした。

しかし動画配信サービスなら、スマホやタブレットにも対応しているので、外出先や移動中など好きな時に映画やアニメ・ドラマなどを楽しむことができます。

サービスによってはテレビに対応しているものもあり、「家のテレビで途中まで見て続きはスマホで移動中に」なんてことも可能です。

 

料金体系がわかりやすい

レンタル店やケーブルテレビは加入料や登録料、最新作・準新作・旧作など料金体系がわかりにくいものが多いです。

しかし有料の動画配信サービスは定額見放題というところがほとんど。

月額○○円と決まっているため安心していくらでも動画を楽しむことができます。

(一部個別課金がある動画配信サービスもあります)

 

契約から利用までが早い

DVDやブルーレイなら再生できるプレーヤーを用意しなければいけませんし、BS・CSはチューナーを設置してもらわないと見れないですよね。

しかし動画配信サービスなら、契約・解約を自分の好きなタイミングでいつでもできます。

動画を見るための登録作業はスマホやパソコンから簡単にできるので、契約してから実際に利用するまでの時間が圧倒的に速いです。

 

動画配信サービスのデメリット

見ない月でも料金はかかる

レンタル店なら借りる時だけお金を払いますが、動画配信サービスはその月に動画を1本も見ていなくても、登録している限り料金が発生します。

動画配信サービスは月額料金が安いものが多いです。

ですが毎月動画をそんなに見ない方は、レンタル店を利用した方がお得になる可能性があります。

 

録画やダビングができない

動画配信サービスで配信されている作品は、録画やダビングをすることができません。

「ダウンロード再生」でオフラインの時に動画をみることができる機能もありますが、サービスを解約すると見ることができなくなってしまいます。

これはレンタル店でも似たようなものなので、あまり気にする必要はないかもしれません。

 

スマホ視聴だとデータ量が増える

動画配信サービスの一番のデメリットといえばコレです。

光回線やポケットWiFiを契約していない方が、スマホやタブレットのキャリア回線(4Gなど)を利用して動画配信サービスを利用するとデータ量が増え、あっと言う間に通信制限にかかります。

通信制限にかからないように気を付けるためには、ダウンロード機能がある動画配信サービスに登録し、公衆WiFiを利用してあらかじめ見たい作品をダウンロードしておくなどの対策が必要です。

 

まとめ

  • 動画配信サービスは、スマホなどでインターネットを利用して気軽に動画が楽しめるサービス
  • 利用することでわざわざレンタル店に行く必要がなくなる
  • 安い月額料金で映画やドラマ、アニメなどが楽しめる
  • 見ない月でも料金が発生する
  • キャリア回線(4Gなど)だとデータ量が増える

動画配信サービスは、見たい作品があったり、暇な時や移動中にスマホで動画を楽しみたい方におすすめのサービスです。

メリットとデメリットを比較して利用した方がお得と感じるなら、月額料金も安いので一度登録してみてはいかがでしょうか?

多くの有料動画配信サービスは、無料お試し期間が設定されているので、気軽に利用することができますよ^^

 

-初めての動画配信サービス

Copyright© VODれぽ-動画配信サービスのおすすめは?無料期間など徹底比較! , 2019 All Rights Reserved.